読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

闘う男!プロボクシングは面白い

国内外のプロボクシングのニュース、試合感想など

年末のボクシング

明けましておめでとうございます。

さて一昨日、昨日と行われた世界タイトルマッチ。

どれが凄かったか・・・やはりWBO世界スーパーフライ級オマール・ナルバエス(アルゼンチン)VS井上尚弥(大橋)でしょう。

12Rで判定決着と予想していたので、1Rいきなりダウンを奪ったのには度胆を抜かれました。しかも2度。

え?え?と思って始まった2R再度ダウンを奪う。

最後はボディに一撃。蓄積されていたボディ攻撃が功を奏したのでしょう。

あのナルバエスが・・・立ち上がれませんでした。

 

その前の試合、八重樫東は残念でしたね。

本人は負けた事で言い訳したくないとブログに書いてましたけど。

ゆっくり休んでまた再起戦してもらいたいです。

 

そして昨日行われたIBFWBO世界ミニマム級王座決定戦。

高山勝成(仲里)が日本人初の4団体制覇を成し遂げました。

7R、TKO勝利。レフェリーストップかけるの遅すぎませんでした?

テレビの前で「もう止めろ、止めろ」と叫んでました。

 

大変残念な事に私は田舎に住んでいるので、ワタナベジムの興行テレビで見る事ができないんです。

でも情報によると田口良一は判定勝ち、河野公平はドロー防衛、そして内山高志は9R終了TKO勝利。

内山がまたKOで勝ったと目にして喜びました。凄い。

今年はビッグマッチをしてもらいたい。

 

年末はボクシング三昧でした。

本当、井上尚弥これからどう進んで行くのか?大注目です。

 


ボクシング ブログランキングへ

井上尚弥、年末にオマール・ナルバエスに挑戦か?

こんばんは。

今朝のニッカンスポーツ記事から。

WBC世界ライトフライ級王者の井上尚弥(大橋)が、2階級上のWBO世界スーパーフライ級王者のオマール・ナルバエス(アルゼンチン)と対戦すると、複数の海外メディアが報じたとの事。

ナルバエスはWBO世界フライ級王座を16度防衛、現在はWBO世界スーパーフライ級王座を11度防衛中。

「まだ正式に聞いていない。今言えるのは年末にやるということだけ」と井上。

井上は9月中旬からスパーリングを再開し体重を意識しながらトレーニングを続けています。


2014-09-19 Omar Andres Narvaez vs Felipe Orucuta II - YouTube

大橋ジムは面白いカードを組みますね。

井上、2階級制覇なるか?相手は強いですが健闘して欲しいです。

 


ボクシング ブログランキングへ

山中慎介、判定勝利

WBC世界バンタム級王者の山中慎介(帝拳)が7度目の防衛戦を3-0の判定で勝利しました(115-109、116-108、114-110)。

挑戦者で同級1位のスリヤン・ソールンビサイ(タイ)はタフな選手でした。

3度のダウンを奪った山中。それでも最後までスリヤンは距離をつめ向かってきました。

10ラウンドがもったいないラウンドでした(相手に付き合わされた)。

ラストラウンドでダウンシーンが見れそうでしたが、とどめを刺す事ができませんでした。山中の連続KO防衛は5でストップ。

でも勝ちは勝ち。防衛を続けれて良かったです。

今後は他団体王者との統一戦を見据えているとの事。

ビッグマッチ実現して欲しいです。

 


ボクシング ブログランキングへ

ゲンナディ・ゴロフキン、12連続KO防衛

WBA世界ミドル級スーパー王者のゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)と前WBC世界同級暫定王者のマルコ・アントニオ・ルビオ(メキシコ)の2団体統一戦が行われました(ルビオは計量でウェイトが作れず王座剥奪)。

試合はゴロフキンが2ラウンドKO勝利をかざりました。

最後はゴロフキンの左フックがルビオのテンプルに命中。

ルビオは10カウントで立ち上がれず、試合終了。

ゴロフキンはこれで12連続KO防衛を果たしました。

 以上速報でした。

 


ボクシング ブログランキングへ

ノニト・ドネア敗れる

WBA世界フェザー級スーパー王者のノニト・ドネア(フィリピン)と同級レギュラー王者のニコラス・ウォータース(ジャマイカ)との王座統一戦で、ウォータースが6ラウンド終了間際に右フックを打ち込み、ドネアがダウン。ドネアはカウントアウトでKO負けしました。

パンチをもらっていたドネア。右眼をカットした後、腫れ上がっていました。

2ラウンド終盤でドネア良いパンチを当てていましたが、他のラウンドはウォータース有利だったと思われます。

以上結果速報でした。

 


ボクシング ブログランキングへ

高山勝成年内、IBF世界ミニマム級王者決定戦

IBF世界ミニマム級王者で現在同級3位の高山勝成(仲里)が早ければ年内に同級4位のホセ・アルグメド(メキシコ)と王座決定戦を行う事になりました。

高山を破りIBFWBO世界ミニマム級統一王者となったフランシスコ・ロドリゲス(メキシコ)がIBFタイトルを返上した事により、同級王座決定戦が組まれる事になりました。

IBFから今月中に交渉を行うよう指令が届きました。

高山は「体も痛めてないし、引退するのはまだ早い。(再起戦へ)コンディションを整えたい」と語りました。

王座返り咲きに期待します。

 


ボクシング ブログランキングへ

山中慎介、12回スパーリング

おはようございます。

WBC世界バンタム級王者の山中慎介(帝拳)が今月22日の7度目となる防衛戦に向けて、都内の帝拳ジムで12回のスパーリングをこなしました。

スリヤン・ソー・ルンヴィサイ(タイ)戦に向けてフィリピン人パートナー2人を相手にしました。1人目には抑え気味で手数も少なかったけれど、2人目には得意の左や連打を打ち込みました。

山中コメント「最後までできたのがまず良かった。内容もそう悪くなかった。ここまでもまずまず」

9月30日までにスパーリングは70回となりました。

今回は具志堅に並ぶ世界戦6連続KOがかかります。

「相手の右をさばいて、どう中に入るか」と山中。

今後は約30回のスパーリングで仕上げる予定。

 

今回もKO勝利をもぎとってもらいたいです。

 


ボクシング ブログランキングへ